ローディング

サラウンドハウス

WORKS

 

外観:南面
外観:前面道路より
ダイニングとキッチン 長さ2.8mの大きなテーブル
キッチンとダイニング その先の中庭デッキ
2階:リビングからサンルームへのつながり
サンルーム  奥には寝室へ続く渡りデッキ
寝室へと繋がる2階廊下と雲梯
天井高さを生かした長いデスクのある居室
リビング上の居室とサンルーム
前面道路からの正面 右側の駐車スペースの後ろに玄関
リビング周りの収納は製作家具
キッチンから水回りを見る
キッチンの壁・天井は漆喰仕上げ
ダイニングの上の2階のリビングが段差を介して見える
外壁と同色に仕上げた室内壁により、小さな家の集まりを感じられるようにした
渡りデッキ下はハンモックやすだれが吊せる
渡りデッキから2階リビング
中庭デッキがと渡りデッキが各スペースをつなげる
内包された団欒
北東側からの外観

 

 

 

 

 

提案段階で作成した模型(1/20)とパース

 

「食卓のだんらんが中心」の家づくり


surround house      -八幡町の家-

東京都武蔵野市.

吉祥寺で40年.  いつ暖簾をくぐっても賑わいの絶えない秋田料理屋を営んでこられたご両親とそのご家族は,  とにかく客人をもてなすことが好きなのである,  打合せの度に用意してくださる昼食は,  料理店をやられるている家族ならではの味と品数,  家族6人と僕らとで一つの食卓を囲むのがいつの間にか打合せの楽しみとなっていたほどである.  ご両親と子家族の6人と犬2匹のための家.  かつてお母さんが育った土地を受け継ぎ建て直すこととなった.   武蔵野の地,  玉川上水近くの敷地周辺は畑も緑も残る住宅地.  敷地の南側には家が建たない駐車場があり,  冬の低い太陽もサンサンと受け止めることができる.  食卓とキッチン.  団欒の形から設計が始まった.  近所に住む弟家族も集まれば10人の団欒の場所として,  まず大きなテーブルを用意した.  食卓を家の中心と考え,  囲うようにキッチン, リビング, 水回りを配する.   ダイニングの先には外へと繋がるように,  、窓先にデッキで作られた中庭が続く.  にぎわいがそのまま外へとはみ出すように,  中庭という外の部屋がひとつつながっているように感じさせる,  お店を閉め,  家で過ごすことが多くなったご両親の寝室は中庭の壁の先,  離れのように計画した.  子家族のスペースは2階になる.  キッチン,  浴室は一階に共用としたため,  3部屋の居室とサンルームを確保した.  家事スペースとなるサンルームは2階の南側,  トップライトを有し,  日差しをたっぷりと受け止める.  サンルームから寝室へは外のデッキで繋がっている.  まだまだ小さな子どもたちにとっては回遊できることが楽しくてたまらない様子.  子どものための装置としては他に2階の廊下に雲梯(うんてい)を吊り下げた.  成長に合わせて高さを変えられるよう製作した雲梯は大人にとっても楽しい仕掛けとなっている.  下階の寝室の上には同じように寝室を設け,  1階のリビングと水廻りの上にも高さと形状に合わせた居室をそれぞれ設けた.  団欒を囲う家は,  外から見ると小さな家々が集まっているように見える.  窓を有した小さな家を囲むように並べ,  楽しい団欒を内包するようにした.  陽が沈み,  あたりが暗くなれば窓から町へとその団欒が溢れていく.

【建築概要】

所在地:東京都武蔵野市

用途:2世帯住宅

家族構成:親世帯夫婦+子世帯夫婦+子供二人+犬2匹

構造/規模:木造在来構法 地上2階

敷地面積:146.61㎡

建築面積:58.35㎡

延床面積:115.05㎡

竣工年月:2021.02

構造設計:犬飼基史(佐々木睦朗構造事務所)

施工:山菱工務店

写真:中村絵

設計協力:山内祥吾(山内建築アトリエ)