ローディング

これからのオフィスフロア

WORKS

-小伝馬町のオフィス-

リノベーション

 

神田と隅田川の間のエリア。かつては衣料品の問屋街として賑わったというこの地域も表通り側がすっかりオフィス街としての表情をしている。敷地は一本入った通りにある。向かいには90年前に小学校として建てられた昭和モダンな建物が佇み、落ち着いた雰囲気のある街角が残る。7階にあるこの一室からはそんな街の様子が眼下に広がって見える。

日本橋三越から歩いてすぐのこのエリアも最近では空きテナントビルが目立つ。規模やエリアが合致しても古びたオフィス仕様の空き部屋にはなかなか魅力は湧きにくい。今回の計画において、限られた予算の中、仕事場としての居心地の良さを感じられるように計画した。既存の天井を落とし、室内高を上げ、居住性を高める。窓辺の床にあえて段差を作り、リラックススペースとした。また、室内に新たに求められたキッチン、トイレは高さを抑えたひとつの箱にまとる。そうすることで、水回りの上にも天井が広がり、部屋全体に窮屈さを感じさせないように配慮した。

働き方や職種が多様な現代だからこそ、仕事場のあり方もそれぞれであっていい。タイルカーペットが敷き詰められた床、満遍なく蛍光灯が並ぶ天井のオフィスフロアでは選ばれない。テナントが手を入れて行きやすい、またはその先の仕事場としてイメージしやすい楽しげな仕事場の提案を今後もして行きたい。

 

BEFORE

【建築概要】

所在地:東京都中央区

用途:オフィスビル

構造/規模:RC造・地上9階建の7階

延床面積:108.43㎡

竣工年月:2017.07

施工:アプリア